テコンドー協会 金原昇会長のズラ・かつら疑惑!あの髪型の真相とは!?

 

テコンドー協会「金原昇」会長はズラ・かつら?

 

代表候補選手たちが不参加を表明して強化合宿が中止になったニュースで注目を集めているテコンドー業界。

しかし、世間を騒がせているのは強化合宿中止の話題だけではないようです。

 

日本中の注目を集めているのは全日本テコンドー協会の「金原昇」会長!

彼の何がそこまで世間の注目を集めているのでしょう?

その理由を深掘りしてみました。

 

スポンサーリンク

 

テコンドー協会「金原昇」会長のズラ・かつら疑惑に世間が注目!

日本中が注目しているのは金原昇会長の御髪(おぐし)!

金原昇会長の「あまりにも整い過ぎた髪型」が不自然さを感じさせるのか、ネット上では

  • 「あれはかつらじゃないの?」
  • 「頭の上にアスファルトが乗ってる」
  • 「ズラが気になって話の内容が入ってこない」

と大反響を呼んでいます。

 

爆笑問題の太田さんは自身がMCを務める番組内で(含みを持たせて)このようなコトを仰っていました。

「体型はさておき、髪型が変わらないのはしょうがないじゃないか。変わるわけがない。」

※サンデージャポン(2019年9月22日放送)にて

 

皆さん結構ヒドイこと言ってますね(;^_^A

 

では、そこまで人々の注目を集める髪型とは一体どんな髪型なのか?

皆さん用意はイイですか?

覚悟してご覧ください!

 

 

テコンドー協会「金原昇」会長の髪型はコチラ!

 

 

皆さんの画像のチョイスや並べ方が意地悪なような・・・(笑)

でも、皆さんが興味津々になってしまうくらい、金原昇会長の髪型のインパクトが凄まじいということをご理解いただけたのではないでしょうか?

 

 

中には似顔絵を描かれた方も

ツイートの中には金原昇会長の似顔絵を描かれた方もいらっしゃいました。

 

ご覧ください、この素晴らしい似顔絵を!!

何が素晴らしいって、緻密で繊細な髪の描き込み!!!

見ているだけで質感がハッキリと伝わってきますよね(硬そうwww)。

 

こういう絵がかける方って本当に羨ましいです。

この方はいろんな方の似顔絵を描かれているようなので、ぜひご覧になってみてください。

この絵以外にも、ワタシのような素人が見ても「伝わってくる」絵がたくさんありました。

イイもの見させていただいて、ありがとうございました!

 

POINT

この絵や他の絵がホントに素晴らしかったので勝手にご紹介させていただきました。

もし、この絵を描かれたご本人様が不快に思われましたらすぐに削除させていただきます。

その際はコチラのページからご連絡いただけましたら幸いです。

 

 

ワタシの個人的な見解

これまで散々ズラ疑惑、かつら疑惑などと言ってきましたが、ワタシの個人的な見解では「自前の毛の可能性が高いのでは?」と思っています。

完全に個人的で勝手な見解ですけどね。

 

というのも、金原昇会長は韓国の国技であるテコンドーという武道に関わっているお方。

そのルックスからも「漢」としての芯の強さを感じます。

丹田で練られた気が全身をめぐり、手や足の指さきのみならず、髪の1本1本の先端まで気が満ちているからこそ、髪の毛までも強靭に見えるのでしょう(完全に個人的な意見ですw)。

 

きっとこの方は「漢の中の漢」「歴史に生まれた歴史の漢」なのではないでしょうか?

(あれっ?どこかで聞いたことがあるフレーズかも?)

 

スポンサーリンク

 

テコンドー協会「金原昇」会長とはどういう人?経歴は?

見た目の強烈さに目を奪われてしまいましたが、この「金原昇」会長という方がどういう方なのか?について、ちょっと見ていきましょう。

 

テコンドー協会「金原昇」会長のプロフィール(2019年時点)

お名前 金原 昇(かねはら のぼる)
ご年齢 65歳
ご職業 全日本テコンドー協会 会長
出身地 長野県 松本市

2019年時点でのプロフィールです。

ネット上ではご年齢が「69~70歳くらい」という情報がたくさんあるようですが、2019年9月20日に放送されたワイドショーの中で「65歳」と紹介されていました。

 

 

テコンドー協会「金原昇」会長の経歴(2019年時点)

1990年 長野県テコンドー協会 理事長に就任
2005年 全日本テコンドー協会 常任理事に就任
2008年

全日本テコンドー協会 会長に就任

北京オリンピック 強化委員長に就任

2016年 成績不振のため会長を退任
2017年 会長に再任

もう30年近くテコンドー協会の要職に就いていらっしゃるんですね。

生来のリーダー気質、昔でいう所の「親分肌」の方だったのかもしれませんね。

 

POINT

「成績不振で退任したのに、次の年にすぐ戻ってきてるやん!」というツッコミはこの場では控えさせていただきますw

 

金原昇会長はテコンドーをやったことがないってホント!?

金原昇会長について調べていくうちに、またまた驚くべき情報を掴んでしまいました!

それは何と全日本テコンドー協会の会長を務めているのに、金原昇会長はテコンドーの経験が無い!」というもの。

そう!金原昇会長は「テコンドーの未経験者」だというのです。

 

いえ、イイんですよ。

「組織を運営する能力」と「競技者としての実力や実績」は別物ですから。

個人的には、「有名選手だったから」とか「実績がある選手だったから」という理由だけで役職に就かせてしまう組織の方が浅はかなように思います。

競技の経験が無くても組織をまっとうに運営できていれば会長としての責任は果たしていることになります。

ただし、「まっとうに」運営できていればの話ですが・・・

 

いかにも「武道の心得がありそう」「いかにも強そう」という外見をしているので、「テコンドー未経験者」と知った時は個人的に驚きました。

しかし、よくよく調べてみると金原昇会長は「空手」をやっていたそうです。

「これで納得!」

テコンドーではなかったものの、やはり武道家でしたか。

あの迫力ある見た目には、空手家として修業されていたことが裏付けとしてあったんですね。

 

 

まとめ

ここまで、金原昇会長が世間から注目を集めている理由や、ワタシの個人的な見解(あれはきっと自前の毛です!)、そして金原昇会長の経歴などをご紹介してきました。

少し前に話題になったアマチュアボクシング連盟の山根元会長のように、こういった「キャラが濃い方」には個人的にとても興味があります。

 

オリンピックを前に選手たちとの確執が取り沙汰されていますが、日本選手にはぜひとも本大会で活躍してもらいたいもの。

そのために、全日本テコンドー協会の会長として金原昇会長がどのように舵をとっていくのかを注目していきたいですね。

 

スポンサーリンク